ZPI

 


 

 初めに、この文章をお読みになるお客様は既にベイトフィネスのメリットや必要性についてご存知の方も多いと思われます。

  私のフィッシングスタイルの基本は人間側の都合や思いを押し通すやり方ではなく、バスや自然の状況からヒントを貰ってそこに合せて行くと言うものです。ですからそのために、どんなときもバスからのサインを見逃さないことが大切になってきます。

 そうした中で私がベイトフィネスで使用するリールに求める性能とは、繊細なルアーを丁寧で正確にアプローチできること。
 そしてルアーを思い通りに動かし微妙なバイトを感じ取ることで、バスが口を使うその瞬間を鮮明にイメージできることなのです。

 中でも特に繊細さが求められる釣りにおいてはスピニングがその主役となります。ところがそんなスピニングの領域にさえベイトフィネスが有効な場面が確実に存在しています。それは、単純に太いラインを使えるからとか他の釣りもできるからと言ったものではありません。では具体的にどう言った釣りになるのかをお話しましょう。

  私の場合で言えばジグヘッドワッキーがその一つになります。アンダーハンドでのみアプローチが可能なオーバーハングや桟橋の下へ、ルアーを送り込み時間をかけてゆっくりとルアーを動かすとき、微細なシェイクアクションもラインの重みを利用してイージーにできます。

更にバイト時はラインスラックの出るスピニングタックルよりも短いロッドストロークでのアワセとなるため、フックアップ率も上がり圧倒的にロスがなく魚を獲れることになります。

  ベイトフィネスはこう言ったシーンで極めて有効であり『必要である』と言い切れるものです。
 





 

ZPI