ZPI

 


 

 ベイトフィネスはスピニングを少し強くしただけのタックルだと思っている人も多い と思います。 しかしそれは絶対間違い。 このタックルにはこのタックルしか出来ない要素があります。 僕の感じる最大のメリットはキャスト。 とても繊細なアプローチが可能ですね。
 ベイト特有のサミングを生かした自在な距離感の調整。 特ににピッチングのようなキャストにおいてスピニングとはまったく異なる扱い易さ を体感する事が出来ます。 正直釣り方が変わりますよ。 特にキャスト時のアプローチが釣果に差の出るシャローに陣取る個体全般に対してと ても有効ですね。
  またこの全般ってのがベイトフィネスの特徴の1つでもあって、特別タフなバスに効 果的とか、そんな特殊な意味合いはまったくなく、人間側が難しかった技術を誰もが 一つ上のレベルで普通に扱う事が出来る為、様々なリグを扱うにあたりメリットをも たらせます

 使い方、使うルアー、全く同じだとしてもキャストを・・シャローバス の攻略法を一段底上げてくれてる感じ。実際今まで難しかった事が普通に出来るのはそれだけ魚と対面出来る可能性を高めて いる訳ですから、釣り人として、とても武器になりますね。

さらに扱うラインも今までスピニングで難しかった号数。 使っていて安心感があるのも特徴かもしれません。

さらに恩恵を受けるのは何も釣り人だけではありません。 僕みたいなルアーを作る側もそう。 
 とても可能性を感じているのが今までスピニングでしか投げれなかった小型ハードル アー。 これらは当然今まではスピニングリール。

オープンウォーターや岸際のバンクを縦に切って行くようなキャストコントロールが あまり必要ない釣りにはイケるのですが リザーバーに普通にあるストラクチャー際を速いテンポで魚を拾って行くたぐいの釣 り・・所謂マシンガンキャストと言われるクランクやスピナベを使った釣りは小型の ハードルアーに出番は少なくまた当然そんなルアーは少なかったんです(殆どシャッ ド系)

 スピニングでキャスト回数増やせば比例してミスの回数も増えてしまいますからね。 しかしベイトフィネスだと・・ご想像に難しく無いと思います(笑)

  僕は作り手としは今まで少ないジャンルの小型カバークランクなんかを早くも作って います。 ある意味ZPIにマジで感謝せな駄目ですね(笑)

 飽和状態のハードルアーに新しいテーマを与えてくれたのですから。 ルアーの流行にすら影響を及ぼす・・それくらいベイトフィネスとはタックルの革命




 

ZPI