ZPI

 



 

近年もっとも注目されている釣りのスタイル…それは間違いなく『ベイトフィネス』だろう。そのベイトフィネスに特化したBFCシリーズについて、ZPI開発テストスタッフ兼トーナメンター目線からの情報を公開していきたいと思います。

 BFCは今までスピニングリールで使用していた軽量ルアーをベイトリールでキャストする為に開発しました。開発当初は、軽いルアーをとにかく遠くへ飛ばすことだけを考え、テスト改良を重ねました。

 しかし本当に重要なのは、ただ単にベイトリールで軽量ルアーを遠くへ飛ばすことではなく、軽量ルアーをベイトタックルで操ることから生まれる実釣でのアドバンテージだ。

 スプールの軽量化はもちろん、ブレーキローターの形状、クリアランス、基本的磁力の調整などを煮詰めていき、ノーマルでは考えられないほどの飛距離を出せるようになりました。

 BFCの本当の力を実感する為には、そのアドバンテージを理解しなければならない。一部のトップトーナメンターはそのアドバンテージを最大限に発揮し、結果を残している。だが、『ベイトフィネス』というジャンルはまだまだこれからも進化 を続けていくだろうし、その可能性は無限である。

 たとえば、スモールプラグ。ベイトフィネスと聞くと、スモールラバージグやネコリグなど、ワームを使った釣りをイメージしがちだ。確かにそれらの出番はトーナメントシーンでも多いと言えるだろう。しかしそれにとらわれてしまうのは非常にもったいないことである。事実、自分自身の釣りを大きく変えたのがスモールプラグでのベイトフィネススタイルだ

 3グラム台のシャッドを何の違和感も無くキャスト出来たことにも驚きを感じたが、それは従来スピニングでも出来ていた事だ。

 注目すべきは、ベイトでキャストすることから生まれる圧倒的なキャスト精度である。一見地味ではあるが、そのアドバンテージが実釣では大きく影響する。 キャスト精度が上がることにより、ベイト特有の手返しがさらに向上し、手数が明らかに増える



 さらにサミングによるラインスラックのコントロールがスピニングに比べより繊細に行うことが出来るので、ルアーのトレースラインの自由度が増し、より自分の思い描いたラインにルアーを通す事が出来るのである。

 

ZPI