ZPI

 



 

各メディアや媒体からベイトフィネスの特集などが紹介され話題になっていますが、ZPIが考えるベイト フィネスとは、今までのベイトリールでは対象外となっていた、5g以下(スピニングタックルで扱うルアー)をストレスフリーでキャスト出来るスタイルをベ イトフィネスと考えております。

  そんな中、こんな質問もよく聞きます。「なぜ、スピニングリールで出来ることをベイトリールでやる必要があるのか?


なぜスピニングリールで出来る事を   ベイトリールでヤル必要があるのか?

今までのスピニングリールの構造では、一般的に(5ポンド以上)のラインを使用すると、飛距離の低下、ライン癖(ライントラブル)キャストアキュラシーが極端に下がってしまうなどのデメリットありました。実際に皆さんも体験したことのある事だと思います。
 しかし、ZPIが考える BFC(ベイトフィネスコンセプト)であれば、スピニングのデメリットだった(5ポンド)以上のラインをストレスなく扱う事ができるようになり、ベイト リールの利点でもある、手返しの良さや、サミングコントロールからくる正確なキャスト、太いラインが使えることによるアドバンテージで、ユーザー様の釣り を飛躍的に向上させる事が可能なのです。
BFC仕様で実釣!


営業竹内のベイトフィネスの考え方

BFCは新たな領域!!今まで出来なかった事が出来るという事は、釣りの戦略を劇的に変化させます。
 今まで選択肢になかったアプ ローチが可能になるので、新たな魚が釣れるのです。そんな軽量ルアーを快適に扱えるようにしたのがBFC(ベイトフィネスコンセプト)より軽量ルアーをス トレスなく扱えるようにする為、ZPI独自の超軽量スプールとフルアジャスタブルマグネットブレーキシステムを採用することによって、今までは不可能だっ た5g以下のルアーをストレスなく扱える様になり、トップトーナメンターから一般アングラーすべての方が快適に扱えるように仕上がりました。
皆様にもレーシングコンセプトが詰ったBFCを体感して頂きたいです。次回BFC ブレーキセッティングについて紹介いたします。

5g程度のライトルアーが遠投できるんです!

竹内BFCでヒット!

 

 

ZPI