ZPI
 

 
フィネスリング ZPI製BFCフィネスリングは着脱出来るという機能を持たせる為に、樹脂製リングを採用しております。 樹脂という素材の特性上、長期間の使用や、冬季の使用、頻繁な着脱はフィネスリングが外れ易くなる場合が御座います。 頻繁にリングが外れる場合次のいずれかにて対応いただきますようお願い致します。
お客様にて接着していただく ZPIにて接着


 
 
6 8
  ZPI製BFCフィネスリングは着脱出来るという機能を持たせる為に、樹脂製リングを採用しております。 樹脂という素材の特性上、長期間の使用や、冬季の使用、頻繁な着脱はフィネスリングが外れ易くなる場合が御座います。 頻繁にリングが外れる場合次のいずれかにて対応いただきますようお願い致します。

以下をご用意ください。

ゴム系接着剤
コニシボンド製G-17推奨
※ 接着剤は必ずゴム系接着剤をご使用ください。
低粘度接着剤【アロンアルファー(瞬間接着剤)など】はリール本体内部などに入り込み易く、故障の原因となります。

パーツクリーナー
リール保護の為ZPI製F-0パーツクリーナーの使用をお奨めします。一般的なパーツクリーナーを使用すると、塗装の剥がれや、樹脂パーツに悪影響を及ぼす場合が御座いますのでご注意下さい


綿棒

爪楊枝

ペーパーウエス
※キッチンペーパーなどでも可


パーツクリーナーを染込ませたペーパーウエスと綿棒でリールのリング取り付け面と、フィネスリングの外周面をふき取ります。

指を洗い、Fゼロパーツクリーナーでフィネスリングをしっかり脱脂します。2つあります、しっかり脱脂してください。

本体側も脱脂します。



接着剤を少量取り出し、

若干粘り気が出るまで時間を置きます。 写真のように爪楊枝から垂れない程度です。



少量フィネスリングに塗布します。

3か所に接着剤を塗布します。



リールにフィネスリングを取り付けます。その際、他の部分に付かないようにご注意下さい。接着剤を他の部分に付けないようにしてフィネスリングを固定します。

パーミング側はブレーキユニットを取り付けての作業をお奨めします。

 



パーツクリーナーを染込ませたペーパーウエスと綿棒ではみ出た接着剤をふき取ります。

 

 

完成です。





上記の作業をZPIにて行います。
作業工賃は無料ですが、往復の送料を御負担ください。
元払いで送付いただき、着払いで御返却致します)

戻る











ZPI