ZPI

    HOME>

蛯原 英夫 2014 W.B.S アングラーオブザイヤー獲得を振り返って

蛯原 英夫 2014 W.B.S アングラーオブザイヤー獲得を振り返って
アングラーオブザイヤー獲得の一年を振り返って
ZPIプロスタッフの蛯原英夫です。
2014・WBS・AOYを獲得する事が出来ました。応援していただいた皆様のお陰だと心から思っております。
ありがとうございました。
ZPI製品を今シーズン使用してのアドバンテージ!
 まず、はじめに、チューンされて、帰ってきたリール逹の外観、自分のパーソナルカラーのレッドがグッと来るアクセントになって、モチベーションを注入するには十分な出で立ち。さらに手に取るとノーマルとの差は歴然のウェイト、スプールの回り心地のシルキーさに驚きです。これだけでも早くフィールドで使って見たくなります。
 実際に ラインを巻いて、フィールドに出て思ったことは、カーボンハンドルのダイレクト感、これは、実際にフィールドで使って貰いたいですね!『オッ』となると思います。指にしっくりとくるグリップにパワーロスのない92mmのパワーハンドルのお陰でカバーフィッシング、PGハンドル好きな自分にとってはバスを掛けて一気にカバーから引きずり出すことが出来て、大事な試合でも昨シーズン、ミスなし!さらに、ベアリングの性能から来るスプールの回転性能の向上で、より楽で快適なキャストフィールが得られました。
 ブレーキシステムもマグネット化によりかなりシビアなブレーキセッティングが可能になりました! 例えばノーサミングでのフルキャスト! 荒れるカスミの竣渫などで、バックラッシュを気にせず向風でもガンガンキャスト出来る事はプラクティスを通してとても心強かったです。 自分のように試合で1投でも手返しよくキャストの回数を増やしたい者にとっては、ノーマルのリールと比べると大きなアドバンテージが得られる事を実感。 実際に今季の試合においては、シャローカバーでのピッチングやサイドキャストでのアプローチ、カバーの奥へ滑り込ませるスキッピング等で一切のストレスも感じ無かった事です。 トータルの性能としてキャストの精度がセンチからミリへよりタイトなキャストが可能になった感覚がありました! 過酷なトーナメントシーンで使用するから求められるのは、いかなる状況であってもいつも同じキャストフィール!それを可能にしてくれました。
  ストレスフリーのリールを手に入れた事により昨シーズンWBSの年間チャンピオン獲得することに繋がったのは間違いありません。
蛯原プロおすすめZPI製品
SSRC PGハンドル 92mmカーボンハンドル >>>詳細はコチラ
SiCBB セラミック ボールベアリング >>>詳細はコチラ
BFCライトフィネスノブ >>>詳細はコチラ
ZPI